スポンサードリンク

2007年03月15日

経験を「見える化」して売りに鳴る強みを掘り起こそう

転職を考えている人は多いと思います。
その中でも、面接になると緊張してしゃべれない人は必見です。

アピール力を磨くためにまずやるべきはなんでしょうか?
「経験の見える化」と「価値の見える化」。これまでのキャリアのなかから、きらりと光る価値を見出しましょう。

本当の転職成功とは自分の志向や価値観とマッチングする企業、職場に入ることです。そのためにも、まずはこれまでの見える化プロセスで見つけ出した強みが活かせる場所はどこか、そこで求められるものは何なのかを調べ、「場の見える化」を図らなければなりません。
 
そのうえで、その応募企業にアピールすべきはどんな経験なのか、どうアピールしていくのが効果的なのかを考えるのが、これから紹介する「見せる化」の方法論です。
 
エンジニアとの面接でよくあるのは?仕事や専門技術のすごさを伝えたい一心で一方的にしゃべり倒してしまうか、?話しをすること自体が苦手、または緊張のせいでまったく受け答えできないかの2パターンだといいます。どちらの場合も、相手の立場になってアピールしていくという発想が抜けてしまっているために起こる失敗です。自己アピールはコミュニケーションのひとつ。そう考えて臨むことが、「見せる化」を成功させる大前提になります。
 
職務経歴書や面接の受け答えで、ことさらに目立とうとする意識は必要ありません。「転職活動のときだけ『違う自分』になろうとしないのが成功のコツです。むしろ自然体なほうが好印象を与えるはず」とアドバイスできます。エンジニアはもともと、ロジカルに物事を考えるのが得意なはずです。 
タグ:転職
posted by wa at 10:48 | 転職情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。