スポンサードリンク

2007年03月23日

先入観にとらわれすぎない

先入観という言葉があります。
あたかもわかりきったように思うことです。これは転職を考えている人にとっては不利に働きます。

自分がこれまで働いてきた経験から、「自分の常識が世間の常識」だと思い込んでいる人がよくいます。

人が言うことを、それは違うだろうとか、自分の考えがあっていると思い込んでしまい、根拠もなく否定したりします。
会社や業種を選ぶのにも「SEとはこうだ」「この業界はこうだ」と、先入観を持って見てしまいます。でも、会社によって仕事の進め方や仕事内容はまったく変わります。「やりたいこと」「できること」とマッチするかを冷静に見極めましょう。
 
posted by wa at 11:38 | 転職情報

2007年03月22日

自己分析でのポイント

自己分析をいざやろうと思うと、客観的に見るのが意外に難しく思えるでしょう。
どうしても自分人身の判断ですから過大評価や過小評価をしてしまうんです。例えば、以前勤めていた会社のあるプロジェクトで十分な数字を残したとします。そうするとその数字だけをアピールしてしまいがちです。でも企業が知りたいのは、そのために、その人が何を工夫して、どう行動したかという「事実」の部分なのです。

反対に、私にはこれといったスキルや経験がない、と自分を過小評価している人も、本人が気付いていないだけの場合が多いです。本人が気づいていない「強み」が必ずあるはずです。身近にいてる信頼できる人に相談するなどして、自分が周囲からどう見えているかを知ることも大切です。   
posted by wa at 13:08 | 転職情報

2007年03月20日

転職するための自己分析

転職するのには自己分析が大切です。
では自己分析のやり方をみていきましょう。まず、これまでの経験をすべて書き出してみましょう。時系列、あるいは仕事の種類別に体系立てて書きましょう。紙に書くことで、頭の中でボンヤリとしか考えていなかったことが整理できるようになります。

そして、今までの経歴にどんなことを工夫し、どんな成功体験があるか、得意なこと、転職することで何をどのように実現したいのか、思いつく限りのすべてを書き出していきましょう。ここで最も重要なのが、自分自身を客観的に見ることです。   
posted by wa at 10:41 | 転職情報

2007年03月19日

自己分析の大切さ

転職するときには自己分析を入念にしておく必要があります。

では、なぜに自己分析が大切か考えておきましょう。
転職活動というのは、いわば企業に対して「自分」という商品の売り込みをしていくわけです。その際に「商品知識」がいかに重要かは、営業職の経験がない方でも想像できますよね。

「自分」という商品を効率よく成約に結びつけるには、ワンピースが欲しい人にコートばかり勧めても煙たがられますよね。
むやみやたらと飛び込むのではなく、どの企業に持ち込むべきか、「自分」という商品の特性や優位性は何かをしっかり考えておく必要があります。それができて初めて、どんなプレゼンテーションを行うべきか、作戦が立てられるわけです。
 
posted by wa at 18:52 | 転職情報

転職がゴール?

転職をするときは、何のために転職したいのか目的をはっきりさせましょう。
「自分の夢の実現」「新しい仕事や業界に挑戦」「自分の力をもっと発揮させたい」など、いろいろな目的があると思います。

転職は、その目的を達成するための手段にすぎません!!

わりと多いのが、転職をゴールだと考えている人です。
転職自体を目的とするのではなく、本来の目的を見失わないように気を付けましょう。転職自体には成功したが、肝心の目的は達せず「こんなはずでは」とさらなる転職に走る──。

そんな悪循環は避けたいものです。

  
タグ:転職 情報 求人
posted by wa at 11:32 | 転職情報

2007年03月16日

転職とは何ですか?

転職とは一体何なのでしょう?あなたは考えたことがありますか?

一言で表すなら「環境を変えること」です。

今まで働いた会社を変え、また仕事、役職、勤務地、メンバー。そうした、様々な要素から成り立つ環境を変えることが転職の本質です。

転職を考えているということは、以上の要素のどれかに不満を感じているということですよね。そこでしっかりと明確にしておきたいのが、どの要素を変えたいのか、それを何のために変えたいのかということです。

あなたの置かれている現状を冷静に考えると、現職でそれを変えることができるかもしれませんし、別の手段で納得がいくような変更ができるかもしれませんよ。あなたの信頼の置ける友人や知人に相談して客観的に見てもらうことでヒントを与えてくれるかもしれません。
   
タグ:転職 情報 求人
posted by wa at 18:31 | 転職情報

2007年03月15日

経験を「見える化」して売りに鳴る強みを掘り起こそう

転職を考えている人は多いと思います。
その中でも、面接になると緊張してしゃべれない人は必見です。

アピール力を磨くためにまずやるべきはなんでしょうか?
「経験の見える化」と「価値の見える化」。これまでのキャリアのなかから、きらりと光る価値を見出しましょう。

本当の転職成功とは自分の志向や価値観とマッチングする企業、職場に入ることです。そのためにも、まずはこれまでの見える化プロセスで見つけ出した強みが活かせる場所はどこか、そこで求められるものは何なのかを調べ、「場の見える化」を図らなければなりません。
 
そのうえで、その応募企業にアピールすべきはどんな経験なのか、どうアピールしていくのが効果的なのかを考えるのが、これから紹介する「見せる化」の方法論です。
 
エンジニアとの面接でよくあるのは?仕事や専門技術のすごさを伝えたい一心で一方的にしゃべり倒してしまうか、?話しをすること自体が苦手、または緊張のせいでまったく受け答えできないかの2パターンだといいます。どちらの場合も、相手の立場になってアピールしていくという発想が抜けてしまっているために起こる失敗です。自己アピールはコミュニケーションのひとつ。そう考えて臨むことが、「見せる化」を成功させる大前提になります。
 
職務経歴書や面接の受け答えで、ことさらに目立とうとする意識は必要ありません。「転職活動のときだけ『違う自分』になろうとしないのが成功のコツです。むしろ自然体なほうが好印象を与えるはず」とアドバイスできます。エンジニアはもともと、ロジカルに物事を考えるのが得意なはずです。 
タグ:転職
posted by wa at 10:48 | 転職情報

2007年03月14日

ITプロフェッショナルの転職

2004年の転職を希望している就業者の割合は全産業の平均で9.7%という結果が出ています。年齢別では25〜34歳が14.8%と高く、35〜45歳が9.6%、45〜54歳が8.1%となっており、若年層ほど転職希望がいくらか高い結果となっています。

実際の転職率については、職種によって大きな差があります。
例えば、システムの企画やソフト開発に携わるITプロフェッショナルに限れば、転職希望者は2人に1人という非常に高い水準にあります。その理由の第一は48%弱もの人が「給与に対する不満」と出ています。また、3人に1人が「より将来性のある組織で働きたい」と答えています。

ITに関して日本は、他の先進国に比べてかなり劣っています。
その理由もこういったところにもあると思います。

タグ:転職
posted by wa at 19:30 | 転職情報

転職回数が多いと不利?!

転職回数が多いと、不利になるという情報を聞いたことがあります。一般的に「転職は3回まで」と言われています。

リクナビNEXTが企業の人事担当とキャリアアドバイザーに対して行ったアンケートでも、「転職歴は3回目から気になる」という回答が全体の36%と最も多くなっています。
また企業の人事担当に対して行った別のアンケートでは、「転職活動が多いとマイナスの印象を受ける」という回答が91%にも達しています。

これはすごくわかる気がします。転職回数が多いと不利になる理由としては、「転職を繰り返している」という事実が、「この求職者は飽きっぽいだけで、仕事が続かないのでは」という危惧につながりやすい事が挙げられるのではないでしょうか。しかし、転職がキャリアアップを目的としたものであったなど、キャリアに前向きさが見られる場合は不利にならないケースもある。

アメリカでは優秀な人材ほど、よりレベルの高い企業に引き抜かれて転職していくと聞きました。外資系ではこれが当たり前のようです。日本でもこういった考え方が根付くときはくるのでしょうか?

タグ:転職
posted by wa at 13:42 | 転職情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。